シンガポールでコロナ陽性になったら

シンガポールではコロナ陽性になった時の対処方法が明確に定められています。ここで説明するのは入院の必要がない軽症・低リスクのケース、「プロトコル2」と呼ばれている対処方法です。シンガポールでコロナ陽性になった場合、ほとんどの陽性患者はこの方法に沿って対処しています。

このケースには以下の2つのパターンが該当します。

  • 検査キットを使った自己検査で陽性(政府への報告義務無し) & 体調に問題はない
  • 医師の診察で軽症 & 低リスクと判断された

この場合、陽性確定から最短72時間、最長1週間で自主隔離が終了します。具体的な規定は以下の通りです。

2022年4月14日時点の規定です。

プロトコル2の対処方法

陽性判明直後

  • 直ちに全ての社会活動(学校・仕事・社交等)を中止
  • 陽性判明から72時間は自宅/ホテルで自主隔離
  • 自主隔離中は一切の外出は不可、食事もデリバリー等を活用

72時間経過後

  • 72時間経過後に検査キットを使った自己検査を行う
  • 検査結果:陰性 自主隔離終了・社会活動復帰
  • 検査結果:陽性 引き続き自主隔離を継続・定期的に自己検査を行い陰性になった時点で自主隔離終了・社会活動復帰
  • 検査結果の報告義務はありません
  • 検査キットはデリバリーサービス等で購入できます
  • 複数人部屋滞在の場合、個室に移る必要があります

陽性が続く場合

  • 自己検査で陽性が続いていても「7日目のお昼12時」(1日目=陽性判明日)で自主隔離終了・社会活動復帰

72時間~1週間の自己隔離終了後は陽性歴が理由の行動規制は一切ありません。

日本に帰国する方

上記はシンガポール国内での規定です。日本帰国時は日本政府が定めた入国規定に従い、搭乗72時間前以降のPCR検査で陰性にならなければなりません。PCR検査は検査キット(ART 迅速抗原検査)を使った検査に比べ陽性になる確率が高く、完治後もウイルスの断片に反応して陽性になる状態が続きます。そのためシンガポール国内規定では陽性が判明してから最大1週間で自由な身になりますが、PCR検査が陽性の場合はPCR検査で陰性になるまでは日本に帰国できません。

「短期海外旅行(短期留学)の日本帰国時のリスク」も参考にしてください。

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

シンガポール留学支援センター
シンガポール留学支援センター
長期留学@シンガポール(3ヶ月以上)
短期留学@シンガポール(1~4週間)
ワーキングホリデー@シンガポール(6ヶ月まで)
学校・企業向け英語研修@シンガポール
--------------------------------------------
シンガポールへの英語留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは上記のホームページをご覧ください。