英会語が苦手な人も今すぐ実行できる3つのルール

こんな英語関連の記事を読みました。

TOEIC985点でも会話レベルは低かった私がたどり着いた、英語で働く3つのマイルール

この「英語で働く3つのマイルール」を提唱しているのは、東大工学部・東大大学院でロボット工学専攻・Amazonシアトル本社勤務・TOEIC985というエリート中のエリート、そんな人のアドバイスを聞いても次元が違い過ぎる…と思いながら読み進めましたが、そんな憶測を見事に裏切る英語が苦手な人でも今すぐ実行できる簡単な英会話のコツでしたので、皆さんにシェアしたいと思います。

詳しくは記事を読んで頂きたいのですが、紹介されているマイルールは以下の3つです。

  • 大きな声でゆっくり話すこと
    自信がない>声が小さくなる>相手にはっきりと聞こえない
  • とにかく何か言うこと
    受身だから余計に伝わらない>何か言うことで相手もそれに対して返答するので理解しやすくなる
  • 一つの手段にこだわらないこと
    1つの手段=会話>それで伝わらないなら文章・図など伝えやすいものの力も借りる

いかがでしたか?

大きな声でゆっくり、これは日本語の発音上、小さな声でも伝わりやすいため、日本人は声が小さい傾向があると思います。英語はイントネーション・アクセントが大切、それには大きな声でそれらを意識して話すことが大切です。

とにかく何かを言う、これはちょっと難しいかもしれませんが、最初は相手の言葉をオウム返しに言うのも良いでしょう。単語が聞き取りにくい時は、聞き取れた部分だけ言ってみても良いでしょう。そうすれば相手はわからないことに気付いて、もう一度言ってくれたり、ゆっくり話してくれたりします。

1つの手段にこだわらない、これも大切です。今はスマホという便利なモノもあります。プレゼンでも図や写真を見せることで伝わりやすくなるように、会話でも上手く伝わらない時はその場でスマホで検索して写真などを見せれば一目瞭然です。

ぜひ記事も読んでみてください。

TOEIC985点でも会話レベルは低かった私がたどり着いた、英語で働く3つのマイルール

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。