【速報】シンガポール留学再開!学生ビザで入国できます!

9月からシンガポールへの長期留学が再開されました!

入国後14日間の隔離は求められますが、学生ビザを取得してシンガポールへの長期英語留学が可能です。

語学学校も7月から教室での対面授業を再開しています。
*週5日間のうち2日間はオンライン授業の学校もあります(ソーシャルディスタンス規定のため)

学生ビザの方の主なシンガポール入国条件

以下の条件はシンガポール国内・世界各国の感染状況により突然変更される可能性があります。

  • 学生ビザが許可されている
  • 入国許可を得ている
  • 日本出国72時間前以降に受けたPCR検査の陰性証明書(11月17日~適用)
  • 入国後14日間の政府指定施設(主に高級ホテルです)での隔離
    *有料($2000 ホテル代+3食付き 約16万円)
  • 14日間の隔離終了前のPCR検査
    *有料($125 約1万円)

上記以外にも、健康状態報告用アプリのインストール、シンガポールの携帯番号の用意等の細かな規定がありますが、これらの対応は全て弊社で確実にサポートしますのでご安心ください。予定しているサポート内容はこちら

留学手続きの流れもコロナ前とは異なります。「お申し込みから学校スタートまでの流れ」もご確認ください。

なお以下の国から直接シンガポールに入国する方は入国時のPCR検査(有料 $300 約2万4千円)のみで14日間の隔離は免除されます。以下の国からシンガポールへの留学にご興味のある方はぜひお問い合わせください。
11月10日現在:中国・オーストラリア・ニュージーランド・ベトナム・ブルネイ

シンガポール長期留学(留学期間3ヶ月以上)をお考えの方

今までは留学開始(学校初日)の2ヶ月前がお申し込み締め切りでしたが、ビザの申請手続き・入国許可の申請・2週間の隔離等、今までに比べて実際に学校に登校できるまでに時間がかかります。少なくとも出発の3ヶ月前、できれば4ヶ月程度前にお申し込みください。お急ぎの方は「入国許可が認められ次第すぐに留学開始」でも大丈夫です。

シンガポール長期留学の詳細はこちらのホームページをご覧ください。ご質問等もホームページ内のお問い合わせフォームから承っています。

ワーキングホリデーをお考え方 学生ビザ→ワーホリビザ

ワーホリビザの許可・入国状況は政府の管轄が異なるため学生ビザとは異なります。現在、ワーホリビザの申請は受け付けていますが許可されない状態が続いています。唯一、シンガポールに滞在中の方の申請は考慮されるとのことで、最初に学生ビザで入国、語学学校に数ヶ月通学、その間にワーホリビザを申請、許可後にワーホリビザに切り替えるという方法をお勧めします。

入国・学生ビザの状況は流動的です。突然の変更もありえることをご了承ください。

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

シンガポール留学支援センター
シンガポール留学支援センター
長期留学@シンガポール(3ヶ月以上)
短期留学@シンガポール(1~4週間)
ワーキングホリデー@シンガポール(6ヶ月まで)
学校・企業向け英語研修@シンガポール
--------------------------------------------
シンガポールへの英語留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは上記のホームページをご覧ください。