ナショナルギャラリー・シンガポールに行ってきました

ナショナルギャラリー・シンガポール

昨年11月末にオープンしたシンガポールの最新美術館「ナショナルギャラリー・シンガポール」(National Gallery Singapore)に行ってきました。

ナショナルギャラリー・シンガポールは日本ではまだあまり知られていない東南アジアのアートに特化した美術館です。
この美術館、建物も注目です。イギリス植民地時代の1929年に建てられた旧市庁舎、そして、1939年に建てられた旧最高裁判所の建物、由緒ある2つの建物を美術館に大改装しました。
旧市庁舎は第二次大戦終戦後、日本軍の降伏調印が行われた日本にも深い関係のある建物です。

重厚なコロニアルスタイルの外観の建物ですが、中に入ると元の内装を生かしつつ、現代風によみがえっていました。

ナショナルギャラリー・シンガポール

この美術館、屋上からの景色がとてもお勧めです。
このように、シンガポールフライヤー・エスプラネードシアター・マリーナベイサンズ・ラッフルズプレイスの高層ビル街・ビクトリアコンサートホール、眼下に広がるパダン(芝生の広場)、これぞシンガポールという景色が目の前に広がります。

ナショナルギャラリー・シンガポール

ナショナルギャラリー・シンガポール

ナショナルギャラリー・シンガポール

ナショナルギャラリー・シンガポール

建物の中に目を移すと、元裁判所だけあり被告人の牢獄や法廷も残っています。

ナショナルギャラリー・シンガポール

ナショナルギャラリー・シンガポール

さて肝心の美術館ですが、最も印象に残ったのが子供向けのコーナー。様々な形で楽しみながらアートに触れられるようになっています。
これは、絵本の世界が等身大に表現された部屋。絵本の世界に迷い込んだようで、子供たちが楽しそうに走り回っていました。

ナショナルギャラリー・シンガポール

ナショナルギャラリー・シンガポール

ナショナルギャラリー・シンガポール

公式ホームページ 入場料:大人$20 子供$15 6才以下は無料

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。