留学・ワーホリ前に中学英語をおさらい!

中学英語は日本出発前の自習で十分に取り戻せます。

中学英語もあやしい・・・

学校を卒業してから英語には全く触れていない・・・

大学は推薦だったから、英語をしっかりと勉強していない・・・

留学やワーホリを目指す方の中にはこんな不安を持つ方も少なくありません。

でも大丈夫、中学で学んだ英語は知らないのではなく忘れてしまっているだけです。

留学やワーホリの前に、中学英語を徹底的におさらいしましょう!

中学英語は日本を出発する前に自習で十分に取り戻せます。

中学英語のおさらいをしていなかったため、自習で学べる内容を語学学校で慣れない英語で学ぶのは、お金と時間を無駄に浪費してしまいます。

中学英語をおさらいして、留学・ワーホリ開始時のスタート地点を少しでもアップさせましょう!

おすすめの中学英語おさらい教材

様々な英語教材の中でおすすめは、中学英語の文法を無理なくおさらいできるこの参考書です。

中学で学ぶ文法をひとつひとつわかりやすく・シンプルに解説した内容が評判になり、学校・学習塾・英語教室等でも幅広く使われているベストセラー参考書です。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。 学研教育出版

おすすめの理由その1「1ユニットは2ページ」
1つの文法を学ぶ1ユニットのページ数はわずか見開き2ページ。
左のページが文法解説、右のページが練習問題というシンプルな構成です。
そのため空き時間に少しづつ学習できます。

おすすめの理由その2「わかりやすい文法解説」
文法解説といっても難解な文章ではありません。中学生にもわかりやすい平易な文章で説明されています。

おすすめの理由その3「無料の解説動画」
書籍のユニットと同じ構成で著者自身による無料の解説動画がYouTubeに公開されています。
1ユニットの動画の長さは1~2分程度なので、動画を使った学習も空き時間に少しづつできます。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。解説動画

おすすめの理由その4「無料の音声アプリ」
書籍には練習問題等の英語音声がCDでついていますが、無料アプリでも英語音声を聞くことができます。移動などのちょっとしたスキマ時間にもスマホアプリでリスニングの練習ができます。

りすアプ(リスニングアプリ)-学研

おさらいのコツは参考書を何周も繰り返す

参考書を1回なぞっておしまいではなく、練習問題の正答率が100%になるまで、2周・3周と何度も繰り返すことで確実に力がつきます。

次に、参考書の例文を参考に、同じ文法を使った自分が日常生活で使いそうな英語フレーズをいくつか考えてみましょう。

日常生活で使いそうなフレーズ=留学・ワーホリ生活でも使う可能性が高いフレーズです。

留学・ワーホリを有意義なものにするため、英語が苦手な方はぜひ実行してみてください。

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。