リゾートワールドセントーサに行ってきました(3)

ソフトオープンしたリゾートワールドセントーサのレポート第3弾です。

カジノからホテルエリアをつなぐ回廊「Hall of Treasures」は幻想的な映像が壁面に映し出される不思議な空間。
リゾートワールドセントーサには6軒のホテルがあり、現在はそのうち4軒が営業を開始しています。まず左手にある2つのホテルは最高級のホテル、招待客のみ宿泊できる「Crockfords Tower」と5スターの「Hotel Michael」。Crockfords Tower内には京都吉兆嵐山本店の総料理長 徳岡邦夫氏(洞爺湖サミットの晩餐会メニューを担当)の海外初出店「KUNIO」がオープンします。

 

 

 

 

 

 

2つのホテルへ向かう通路沿いには、シャネル・ブルガリ・コーチ・ロレックス・タグホイヤーなど、最高級ブランド店がひたすら軒を連ねていましたが、まだ多くは開店準備中です。

 

 

 

 

 

 

向かって右側にあるのはファミリー向けのホテル「Festive Hotel」。子供用のベッドがロフト仕様になっていたり、部屋のインテリアもカラフルで子供も楽しめるホテルです。

 

 

 

 

 

 

そして、4軒のホテルの中で最も敷地が広いのがテーマホテル「ハードロックホテル」。ホテル入口にはおなじみのロゴ入りのギターのモニュメントがそびえています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテル内はブラック・パープル・ゴールドを基調にしたゴージャスなロックな雰囲気。
ハードロックカフェといえばロックスターにまつわるアイテムの展示、このハードロックホテルでもビートルズのジョージハリソンの帽子やエルトンジョンのステージ衣装等がロビーに展示されていました。ハードロックホテルシンガポールのオリジナルグッズのお店も既にオープンしています。

 

 

 

 

 

 

広いプールがあるのもハードロックホテルの特徴。リゾート気分でくつろげそうです。

 

 

 

 

 

 

現時点ではホテルのみの営業なので、遊びに行っても正直楽しめないです。新築特有の匂いも充満していて、建物内はちょっとつらいかも・・・・

早くカジノやユニバーサルスタジオがオープンして欲しいですね。

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。