スマトラ島沖の地震でシンガポールが揺れました

一般的に言われているのはシンガポールは地震がない。
これは正しくもあり、間違いでもあります。

過去にシンガポールを震源とする地震は一度も記録されたことはないそうですが、シンガポールの南西に位置する巨大なスマトラ島(インドネシア)は日本と並ぶ世界有数の地震発生地帯、2004年12月に発生、巨大津波を引き起こしたスマトラ島沖地震・津波を覚えている方も多いと思います。

このスマトラ島付近でマグニチュード8前後の大地震が発生すると、かなりの確率でシンガポールにも揺れが到達します。
しかし、揺れといっても、震度1~2程度のごくわずかな揺れ、それもシンガポールの一部の地域(地盤や建物の高さ等による)に限られます。そのため、揺れが伝わってもほとんどの人は気づかず、ニュースで報道されて初めて知る人も多いです。

先日、3月2日の夜9時(日本時間夜10時)前、久しぶりにスマトラ島沖で大地震が発生、シンガポールにも震度1程度の揺れが観測され、大きなニュースになりました。日本なら震度1程度ではたいしたニュースになりませんが、地震が珍しいシンガポール、わずか震度1でも大ニュースです。

地震が発生した時は帰宅途中のMRTの中、当然、揺れには気づきませんでしたが、ツイッターを開いたら、地震発生を伝える速報が飛び込んできました。


詳しい震源地はまだ示されていませんでしたが「インドネシア南西部」・「M8.2」から、スマトラ島付近で大地震が起きたことを察知、すぐに以下のツイートをしました。


次にシンガポールでも揺れた可能性が高いことから、ツイッターで「Singapore Tremor」で検索(Tremorとは小さな揺れという意味で、震度1~2程度のシンガポールでよく使われる表現)、すると早速、照明が揺れる動画をアップしているツイートがありました。


動画を見ると照明の傘がかなり揺れているのがわかります。高層建築が多いシンガポール、地上ではほとんど感じない揺れでも、高層階では揺れが増幅され、大きな揺れになることもあるようです。

その後、地元ニュースでも、シンガポール各地で揺れを観測した・・・というニュースが続々と流れ始めました。
Indonesia quake tremors felt in Singapore: ‘Swaying went on for 10 sec (インドネシアの地震でシンガポールも約10秒間揺れた

地震に慣れていないシンガポール人、シンガポールの救急消防は、地震時の対応をツイート、冷静になるよう呼び掛けました。

高層階に住む住民は屋外に避難したケースもあったようで、震度1~2程度とはいえ、地震がほとんどない国に住んでいる人々にはかなりの恐怖を感じたようです。
ちなみに今回の地震の震源はシンガポールから1237キロも離れたスマトラ島沖合、東京から福岡程度の距離だそうです。

写真はラッフルズプレイスの高層ビル街。このようなビルの上層階は震度1程度でもかなり揺れそうです。

raffles place

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。