シンガポールの学生ビザを取得できない・許可されない例 入国拒否歴・犯罪歴など

シンガポールの学生ビザを取れない・許可されない例として、

という3つのケースをご紹介しました。

「シンガポールの学生ビザを取得できない・許可されない例」の最終回は、その他の事例をご紹介したいと思います。

入国拒否歴がある

学生ビザ申請フォームの質問事項に、「どこかの国で入国拒否にあったことはありますか?」・「シンガポールで入国拒否にあったことはありますか?」があります。

こちらで「はい」に該当する方は、学生ビザが許可されない可能性があります。

「はい」の場合、入国拒否にあった理由も記入しなければなりません。

特に、シンガポールで入国拒否にあった場合、それが些細な理由でも学生ビザは許可されない可能性がとても高くなります。

犯罪歴がある

学生ビザ申請フォームの質問事項には「過去に法律違反により裁判所に出廷したことがありますか?」という質問もあります。

こちらは過去の経験上、罰金刑程度であれば、問題ないと思いますが、事例がかなり少ないため、確実なことは申し上げられません。

犯罪の内容、刑の種類(罰金刑・懲役刑など)によって判断していると思われます。

早めにお問い合わせください

このような「入国拒否歴」「犯罪歴」に該当する方で、シンガポール留学を計画中の方は、お早めにご相談ください。

お問い合わせはお問い合わせフォームからどうぞ!

その他の「シンガポールの学生ビザを取れない・許可されない例」も参考にしてください。

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。