シンガポールの学生ビザを取得できない・許可されない例 直近のシンガポール出入国が多い

前回、シンガポールの学生ビザを取れない・許可されない例として、「配偶者・親がシンガポールで働いている」を書きました。

シンガポールの学生ビザは、日本人なら、年齢や学歴を問わず、ほぼ100%の方が許可されますが、ごくまれに、一部の条件に当てはまる方は許可されないケースがあります。

その第二弾として、「直近のシンガポール出入国の回数や滞在日数が多すぎる」ことを理由に、学生ビザが許可されないケースを説明します。

直近のシンガポール滞在日数が多すぎるケースとは?

「婚約者がシンガポールで働いているから…」といった理由で、頻繁に日本・シンガポールを往復している・・・といった方が該当します。

例えば、

日本→シンガポールに3週間滞在→週末にプーケットへ2泊3日→シンガポールに4週間滞在→日本帰国 2週間後→シンガポール4週間滞在(この間に学生ビザ申請)

といった出入国履歴があると、シンガポールの出入国管理官には「怪しい人物」と思われがちです。直近の数ヶ月間、シンガポールに滞在していた日数が最も多いからです。

東京23区ほどの狭いシンガポールに観光目的でこれだけ長くいる必要はない、他に何か理由があるのではないか? 不法就労など違法行為をしているのでは?という疑いの目で見られます。

学生ビザを申請する理由も、学ぶ目的ではなく、シンガポールに滞在したい別の理由があるのでは?と考えます。

そのため、学生ビザが許可されない可能性が一気に高まります。

ビザなしで出入国を続ける危険性

学生ビザが取れないだけでなく、この状況を続けることで、ビザなしの入国さえも厳しくなる可能性も高まります。

特に近年はテロ対策に力を入れているため、シンガポールの入国審査が全体的に厳しくなりました。

以前なら日本人のシンガポール入国はとても簡単でした。

そのため「シンガポールの入国は簡単」という人もいますが、ここ最近は必ずしもそうではなくなってきています。

少しでも怪しいと思われると別室に連れていかれるケースも急増、最悪、入国拒否も起きています。

「シンガポール 入国拒否」でググってみるとそうした実例も見つかります。

早めにお問い合わせください

このような「直近のシンガポール滞在日数が多すぎる」という状態になる前に、お早めに弊社にお問い合わせください。

出入国を繰り返せば繰り返すほど、シンガポール政府の心象は悪くなる一方です。

また、このような状態になってからでも「婚約者がいる」といった正当な理由があれば、通常より時間はかかりますが、学生ビザが許可される可能性は残されています。

ご相談の際は、「出入国が多くなった理由」、「直近1年間のシンガポール出入国記録」、「直近の入国時に何か質問された場合はその質問内容と答え」を全てお知らせください。

但し、前回書いた「配偶者・親がシンガポールで働いている」に該当する方は除きます。

お問い合わせはお問い合わせフォームからどうぞ!

別の事例も紹介しています。こちらも参考にしてください。

 

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。