シンガポールのデング熱感染率 vs 日本のインフルエンザ感染率

昨日、世田谷区でデング熱発症者が蚊に刺された・・・というニュースが流れました。

海外から帰国後、デング熱を発症していたそうです。

デング熱と言えば、2014年、東京・代々木公園を中心に100名を超える患者が発生したニュースを覚えている方も多いと思います。

熱帯のシンガポールではデング熱は珍しくない病気、政府はデング熱対策のため、ボウフラを発生させたら罰金!という厳しい法律があることは有名です。

日本ではまだなじみの薄い病気なので、シンガポール留学を希望される方からは、デング熱を心配する質問も時々頂きます。

そこで、シンガポールの1年間のデング熱患者数を調べ、その数値を日本の1年間のインフルエンザ患者数と比較してみました。

シンガポール 日本
デング熱 インフルエンザ
患者数
1万3115人
患者数
1601万人
人口
560万7300人
人口
1億2674万人
感染率
0.23%
感染率
12.6%

 

最後の感染率を比較すれば一目瞭然。

シンガポールでデング熱に感染する確率は、日本でインフルエンザに感染する確率に比べ、はるかに低いことがわかります。

デング熱は「まれに重症化してデング出血熱やデングショック症候群を発症することがあり、早期に適切な治療が行われなければ死に至ることがあります」(デング熱について-厚生労働省)という病気です。

2016年、シンガポールではデング熱で9名の方が命を落としました。(2016年のデング熱による対人口比死亡率は0.00016%)

そのうち7名が60才以上の高齢者、既往症があると重症化しやすいと言われています。

このように数値的にはそれほど過敏になる必要はないと思いますが、蚊が発生しやすい場所(夕方以降の公園など)に出かける時は、蚊よけスプレーを用意することをお勧めします。

蚊に刺されてもデング熱に感染する可能性はかなり低いですが、蚊に刺されるのは嫌なものですから。

データ参照元:
シンガポールのデング熱患者数・死亡者数 2016年 Dengue surveillance data, Oct-Dec 2016 (Ministry of Health) 
日本のインフルエンザ患者数 2015/16年 平成28年度 今冬のインフルエンザ総合対策について
シンガポールの人口 2016年 Statistics Singapore – Latest Data
日本の人口 2017年6月 統計局ホームページ/人口推移

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。