ラマダン(イスラム教の断食の月)のシンガポール その2

「ラマダン(イスラム教の断食の月)のシンガポール その1」の続きです。

サルタンモスクと並んでラマダンの月になると賑やかになるのが、「ゲイランセライ」という地域。
ガイドブックではほとんど紹介されていない場所なので知名度は低いですが、元々マレー系のお店が多く集まる地域です。

夜になると「ハリラヤライトアップ」の電飾がきらめき、道沿いに多数の出店が立ち並びます。場所はMRTのPaya Lebar駅近く。駅を下りて明るい賑やかな方向に数分歩けば到着です。

この地域にある2つのショッピングセンター「Tanjong Katong Complex」、「City Plaza」はマレー系の民族衣装を売る店がたくさん入っていることでも有名です。例えばこんなお店です。シンガポール航空のCAの制服もマレー系の民族衣装ケバヤをモチーフにしています。

「ハリラヤライトアップ」は8月24日(金)まで行われています。


あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。