留学生の留学感想文

Sさん(男性・21歳)

お元気にされてますか?
シンガポールでは、大変お世話になりました。
旅の間、何のご連絡差し上げられず、申し訳ありませんでした。

おとといの朝、無事に日本に帰って来ました。簡単に、旅の過程を報告致します。
高村さんとお別れしてから、2,3日シンガポールに留まり、
噂のセントーサ島にも行ってみました。まずまずですね(笑)。
そしてマレーシアのマラッカに行き、
ウルルン滞在記まがいのことをしました。
偶然ホテルを尋ねた男の人が、
自分の村に来ないかと誘ってくれ、4日間お邪魔させてもらいました。
家族の方々とも仲良くなり、貴重な体験でした。

そしてクアラルンプール、バタワースに寄り、
マレー鉄道にてバンコクを目指しました。
バンコクにはステイせず、そのままチェンマイに
トレッキングをしに行き、山岳民族に会い、象にも乗りました。
完璧な観光ビジネスが成り立っているのには驚きましたね。

そのまま北上し、ボートでメコン河を下り、ラオスに入りました。
ラオスののほほん雰囲気は、僕の性に合っているかもしれません。

飛行機でバンコクに戻り、カンボジアに向かいました。
小型バスで行ったんですが、道の悪さが半端じゃなかったです。
アンコール・ワットを3日間見て回りました。
ちょっと物売りの人達にウンザリ気味でした。

ここで時間が無く、ベトナムを諦め、タイのチャン島で
2,3日ゆっくりしてから旅を終えました。
結局バンコクから帰って来ました。

あまり危険なことにも出遭わず、ほっとしています。
アジアでの駆け足旅行を終えて、ふと考えてみると、
シンガポールでの生活が懐かしく思えます。特にリトルインディアが(笑)。

アジアの感想はなかなか一言では言い表せないんですが、
「生活」の生々しさを感じられたと言えばいいでしょうか。
とにかくどこの国でも、人間が人間臭く生活してるなぁと。
日本では覆い隠されている部分を、包み隠さず見せられてしまった感じです。
かと言って、日本では真似しようにも出来ることではないんですけど。
少しややこしくなってしまいました。すみません。

最後に、今後の予定を少し書かせてください。
まずは、卒業に向けて論文を仕上げなければなりません。
あぁ・・・。
そして卒業後、マレーシアで日本語教師をするかもしれません。
まだ決定でも何でもなく、全くのゼロの段階なのですが、
実は、冒頭で書いたマレーシアで出逢った男の人が、
マラッカの大学に日本語教師がいないので、
チャレンジしてみないかと誘ってくださったのです。
まだまだ未知のことなのですが、すごく魅力を感じています。
これから調べていき、また経過を報告します。

ダラダラと長い文を書いてしまいました。
お体には充分気をつけて、これからも頑張ってください。
本当にありがとうございました。
シンガポールとの、そして高村さんとの出逢いに感謝するばかりです。

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。