THE HEART OF ASIA

昨年、2007年12月にシンガポールでワーキングホリデーが導入されたのは皆さんご存知でしょうか?

このワーキングホリデープログラムはオーストラリア・カナダなどの他のワーキングホリデーとは異なり「半年間」という期間で、仕事をしたり、語学学校に行ったり、またまたシンガポールから数ある近辺諸国に旅行三昧をしたり・・・と十人十色のシンガポール生活を送れる制度です。

シンガポールで生活する以上、私たちは「外国人」なわけですから携帯の契約、銀行口座の開設にはVISAが必要となります。

その申し込み、受け取りはMOM (Ministry Of Manpower=シンガポール人材開発省)で行われます。

そして無事申し込みが終わるとこのような冊子がもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中を開けると・・・

中には「シンガポールへようこそ!」といわんばかりにシンガポール地図、観光ガイド、特製ストラップなどが入っています。
いよいよワーキングホリデースタート!と言った気分になりますね。

中でも嬉しいのがコレ!

普通では売っていないEZ-linkカード!なんとも素敵な柄!

EZ-link(イージーリンク)とは、2002年に導入されたシンガポールの(タクシーを除く)市内交通の支払いに利用できるIC乗車カードである。ソニーの非接触型ICカードであるFeliCaの技術を採用している。
発売額はS$15、MRT(地下鉄)のTicket Officeで購入可能。発売額のうちS$3はデポジット・S$5はカード代であり、使用可能額はS$7となる。デポジットはカード返済時に返金される。入金(チャージ)は駅の券売機・セブンイレブンなどで可能である。
本券を使うと割引運賃が適用され、普通乗車券を買うよりも安くなる。

ずっと海外生活をしてみたかったあなた
他の国のワーホリを考えていたが今まで実現していなかったあなた
アジアが大好きなあなた
食に関してグルメなあなた
色んな文化に興味のあるあなた

まだまだ遅くありません。
一年中常夏のこの国で、ジャケット・毛布の心配をせずタンクトップと短パンでマーライオンの元、
中華系・マレー系・インド系と国際色豊かなシンガポール人と共に生活してみませんか?

※シンガポールの場合、だれもが行ける「ワーキング・ホリデー(Working-Holiday)」ではなく、大学(在籍又は卒業)資格者のみが行ける「ワーク・ホリデー(Work-Holiday)」制度です。ワーキング・ホリデーとは趣旨が異りますのでご注意ください。

詳しくはこちら ↓
http://www.workingholiday.sg/

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。