タイプーサムを見に行こう!

来る2月8日(日)、THAI PUSAM(タイプーサム)というお祭りがあります。

「タイプーサム」とはヒンズー教の人たちのお祭りで危険を伴うために本場インドでは禁止されていて、現在はシンガポールとマレーシアだけで行われているようです。

なぜ危険を伴うかというと、お祭りで男性のヒンズー教信者たちが上半身裸で「カバディス」と呼ばれる飾りを身につけるのですが、この飾りを支えるために信者は自らの体に針を刺すからです。

MRTのFARRER PARKで降りてSERANGOON通り沿いのSri Srinivasa Perumal 寺院にいくまでの道は見学するのにいい場所です。この寺院からTANK通りのSri Dhanaayuthapani Templeまでを信者たちは音楽に合わせてたまに踊りも交えながら練り歩きます。その日は朝から晩までずっとやっています。

ちなみに「タイ」とはヒンズー暦で幸運の月、10月を指し「プーサム」とはヒンズーの人々にとって幸福の星を意味します。満月の日になるのが今年は2月8日ということです。

なかなか見るのが辛い光景ですが、せっかく多民族国家シンガポールに留学しているのですから是非見学に行ってみてください

あなたもシンガポール留学・ワーホリに挑戦!

「シンガポール留学支援センター」はシンガポール留学・ワーホリをサポートする日本人専門の現地留学エージェントです。シンガポール在住歴の長い日本人スタッフが皆さんのシンガポール留学・ワーホリをお手伝いさせて頂きます。詳しくは以下のホームページをご覧ください。